葉酸サプリはいつから飲み始めたほうがいいの?

葉酸サプリメントを始めたきっかけが、産婦人科で聞いたという人や、育児関連の本や雑誌などで紹介されていたからという人も多いでしょう。
実際に葉酸を摂取している人の中には、自分が妊娠するまで葉酸というものを知らなかったという人が結構多くいます。
現在、妊娠を計画している人や妊娠中の人で、葉酸サプリメントはいつから飲むのがいいのかと思っている人は、今すぐにでも始めることをオススメします。

 

葉酸サプリは妊娠してからでは遅い?

妊娠初期の、胎児の脳や神経が作られるときに起こる細胞分裂には葉酸が欠かせません。

 

葉酸は普段であれば食事から必要量を摂取できると言われています。しかし妊娠すると葉酸の必要量は、1日あたり440μgとされ、食事だけで補うことはかなり難しくなります。その為、葉酸サプリメントから不足分を補うことが推奨されています。

 

しかし、妊娠に気付いた人の多くは産婦人科に行ってからという人が大変多いため、妊娠初期の時期に気付ける人は少ないようです。妊娠した人のうち、予定外の妊娠だったという人はおよそ65%にもなります。
ですので、妊娠を計画している人や妊娠に気付いた人は、なるべく早めから葉酸を摂取することが大切です。中でも、妊娠する1ヶ月前〜妊娠3ヶ月の頃の摂取はとても大切です。

 

葉酸で先天性異常のリスクを軽減できる

妊娠を計画している人や、妊娠中の人に葉酸の摂取が勧められるのには、葉酸が胎児の育成には欠かせない栄養素だからです。
また、葉酸を妊娠初期に摂取すれば、胎児の神経管閉鎖障害などの先天性異常のリスクを70%以上軽減できることが分かっています。

 

葉酸の摂取は厚生労働省でも推奨され、母子手帳に記載される程に認められていることなので、
「わざわざ葉酸サプリメントを飲む程じゃ」なんて思っていてはいけません。むしろ妊娠中には葉酸不足になりがちなので、1日の葉酸必要量をサプリメントから積極的に補う必要があります。

 

葉酸は妊活にもオススメ

葉酸は胎児の健康な育成の為だけでなく、妊娠を希望する女性にもオススメの理由があります。
葉酸を摂取することで子宮内膜が強化されます。子宮内膜を強化することで、着床しやすい状態になります。子宮の環境が整っていないことが着床障害の多くの原因なので、子宮内膜を強くする為に葉酸が必要になります。

 

妊活中の人が葉酸を摂取することには、胎児のリスク軽減に加えて妊娠力アップの効果があります。
現在妊娠を考えているなら、今から葉酸を摂取して、赤ちゃんの為にも安心な妊娠ライフを送りたいですね。