葉酸の必要量はどれくらい?

妊婦さんなどには良いとされる葉酸ですが、詳しく知っている方は多くないのではないでしょうか。1日の必要摂取量、過剰に摂取してしまったら害はあるのか、葉酸の何が良いとされるのかなど、詳しく見ていきましょう。

 

妊婦さんが葉酸を摂取することで、赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減できたり、貧血予防などの効果から、葉酸の摂取は厚生労働省が推奨しています。
ただ摂取すれば良いわけではもちろん無くて、1日の摂取量や上限がきちんと決められているので必ず確認しましょう。

 

性別や状況でも異なる摂取量

 

  • 成人男性…200μg
  • 成人女性…200μg
  • 妊娠中の女性…400μg
  • 授乳中の女性…340μg

(※1日あたり/200μg=0.2mg)

 

上記を見て分かるように、妊娠中、授乳中の人には葉酸を多く摂取する必要があります。ネットで調べたときに480μgと記載しているサイトもありますが、これらの数値はあくまでも目安なので絶対この数値でなくてはならないというものではなく、上限である1,000μg以内であれば特に問題はありません。

 

胎児の発育への影響

葉酸は細胞分裂には欠かせない役割があります。また、胎児の脳や脊髄などの素となる神経管を作るのにも欠かせません。
もし葉酸が妊娠中に不足してしまえば、胎児は神経管閉鎖障害のリスクが高まります。神経管閉鎖障害とは神経管と呼ばれる管状の細胞の一部分が塞がることで起きる疾患で、脳や脊髄が正しく成長することができなくなってしまいます。
神経管のどこが塞がるかで現れる障害は違い、主に”二分脊髄症”と”無脳症”に分かれます。二分脊髄症になれば下半身の神経がマヒすることで歩行障害や排泄障害が起こります。無脳症であれば、神経管からきちんと脳が作られないまま成長しても大部分の脳が欠けた状態になります。脳が形成されなければ生きていけないので、流産や死産という悲しい結果になってしまいます。

 

妊娠後2ヶ月目で赤ちゃんの脳や脊髄の神経細胞が形成し終えているので、それから摂取しても意味がありません。妊娠を計画した時点から摂取することが推奨されています。
また、葉酸は体内で作り出せないので妊娠7週目頃までは1日の摂取量をきちんと摂り続けることが大切です。

 

貧血の原因は葉酸不足?

葉酸が不足することで懸念される1つに貧血が含まれます。体内で新しい赤血球を作るのには葉酸が必要です。赤血球とは、酸素を器官に運ぶ役割をしています。もし赤血球が足りない場合は貧血になってしまいます。
”葉酸欠乏性貧血”とは血液中のビタミンB9(=葉酸)が大幅に減少することで起こります。
葉酸欠乏性貧血は、赤血球が通常より大きくなってしまったことで血液を送るのと同時に酸素を送れなくなり、体内が酸欠状態になってしまいます。これにより、目まいや立ちくらみ、息切れや頭痛などの症状が現れます。これは不足している葉酸を補給することで改善します。

 

葉酸は水溶性のビタミンなので体外に排出されやすく、また、熱にも弱いために食品を調理することで葉酸が半減してしまいます。このように葉酸は摂取が難しいので、食事に加えてサプリメントで補うようにとこれも推奨されています。

 

妊娠前の葉酸摂取

葉酸の摂取は、妊娠中だけでなく妊娠を計画し始めた頃から始めることが良いとされています。その量は妊娠中と同じく1日当たり400μgです。

 

胎児がいない頃から葉酸を摂取することで、子宮の内膜を強くしたり、血流を良くする効果があります。
子宮内膜が強化されふかふかの状態になれば着床がしやすくなります。着床後の受精卵が正常に成長するためには、まず妊娠しやすい体質を作る為に葉酸が必要になるのです。

 

葉酸は、赤ちゃんを望む女性にとって強い味方のような栄養素なのです。

 

 

過剰摂取の基準はどれくらい?

葉酸の上限摂取量は1,000μgですが、サプリメントなどの用量を大幅に超えなければ問題は特に問題はありません。
葉酸は水溶性で流れやすいので、もし多く摂取してしまっても体外へ排出されるので、上限摂取量を過度に意識する必要はありません。
非現実的ですが、もしも過剰摂取(1,000μg〜10,000μg)したとすれば、”葉酸過敏症”を起こすことがあります。葉酸過敏症になれば、かゆみや蕁麻疹、発熱、呼吸障害などが起こります。
ただ、1,000μg以上の量を摂取することは、よほどの事が無い限り有りえないので、サプリメントから普通に摂取している場合は問題ありません。

 

葉酸不足な女性は多いようですから、妊娠を計画している人や妊婦さんは積極的に摂取しましょう。
ある程度の期間、毎日摂取することが大事なので、自分に合った飲みやすい葉酸サプリメントを選びましょう。現在では、高品質で安心安全なものも多くあります。

 

 

 

厚生労働省が推奨しているだけあって、他の健康食品よりも葉酸サプリメントの効果が分かりやすいのではないでしょうか。
これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、出来るだけのことはしてあげたいですね。妊活や胎児の発育の為に、葉酸サプリメントを活用してみてください。