葉酸は厚生労働省も推奨してるってホント?

葉酸を摂取することは厚生労働省が推奨しています。
これにより、妊娠中の人を中心に多くの人が葉酸を気にするようになったのではないでしょうか。

 

妊娠を計画している女性や、妊娠中の女性に葉酸の摂取が厚生労働省から推奨され、そのことは母子手帳にも記載されるようになりました。
この女性たちが葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクが低減されることが確認されていることが理由にあります。
近年の研究発表によれば、葉酸が不足したことが原因で妊娠の初期に起こる障害が増加しているそうです。
このリスク低減については正式に発表がされており、必要摂取量分の葉酸を手軽に葉酸サプリメントから補うこともできます。

 

食事からも摂取は可能ですが、熱に弱い栄養素のため、加熱によって栄養が半減してしまいます。また、水溶性であることで体外に排出され、不足になりやすい栄養素でもあります。
食事だけで葉酸を摂取するのはかなり難しいので、葉酸サプリメントなどの栄養補助食品で摂取することが効率が良く、これも推進されています。

 

葉酸を必要量摂取することで胎児の障害リスクが低減されることから、葉酸サプリメントなどからの摂取が認められるようになりました。
食事での摂取よりも、サプリメントでの摂取の方が葉酸が吸収されやすいので、早い頃から葉酸を摂取するようにしましょう。

 

葉酸は胎児が細胞分裂をするのには欠かせない栄養素なので、出来れば、妊娠を計画しはじめた頃からの摂取がオススメです。
産婦人科で妊娠が判明してから急いで葉酸を摂取しても、胎児への影響は既に進んでしまっています。

 

妊娠前に葉酸を摂取することで、着床しやすい状態にすることもできます。

 

欧米でも以前は神経閉鎖障害は高い発症率で、葉酸の摂取によって低減が可能であるとの研究発表が大規模な学会でも行われたことがあります。
受胎前後に十分に葉酸を摂取することで、神経閉鎖障害の発症率がかなり抑えられることが認められました。

 

男性にも葉酸は必要?

男性が葉酸不足になると精子の染色体異常を起こしてしまいます。もちろん赤ちゃんへの影響もあります。
染色体異常は健康な男性であっても、その可能性がある精子を持っているとされています。
男性の場合でも、葉酸を摂取することでそういったリスクを軽減することができます。

 

男女ともに、葉酸を摂取すれば必ずしもリスクが無くなる訳では決してありませんが、リスクを軽減できることは言えますので、積極的に摂取しましょう。
また、精子が健康であれば受精の可能性が増えるので、妊活のサポートにもなるでしょう。